Finance

任意売却のススメ

マンションや一戸建て住宅を購入する時に住宅ローンを組む人が多いのですが、ローンの返済が滞納してしまいますと督促状が届き、催促されてしまいますので気をつけましょう。

詳細を確認する

離婚時の手続き

恋人関係になって結婚をしたとしてもお互いのすれ違いで離婚する危険性があります。離婚時に住宅ローンが残っている人は、離婚してもローンは残っていますので注意が必要です。

詳細を確認する

財産の分与

離婚時に考えなければいけないのが財産分与です。特に住宅ローンが残っている人の場合はより複雑になりますので気をつければいけません。売却をする時もしっかりと調べることが大切です。

詳細を確認する

ローン滞納のリスク

現金を持ち在ることは何かと危険があります。そのため、クレジットカードを海外で利用しましょう。便利なカードがあります。

住宅ローンが滞納になった場合のリスク

一般的に住宅などを購入する際の資金は全額自己資金で賄うのが理想ですが、住宅ローンを組まれている人も多いと思います。住宅ローンは非常に低金利で長期間の借り入れですので魅力的です。しかし、返済が滞納になった場合にはリスクが伴いますので、しっかりと理解しておくことが肝心です。通常、住宅ローンが滞納された場合は金融機関よりすぐに連絡がきます。滞納が一度だけなら、さほど問題にはならないかも知れませんが、数回繰り返してしまうと最悪の場合、銀行は借入金の全額返済を要求してきます。しかし、全額返済などできないのが普通ですので、担保となっている自宅が処分されてしまう可能性が出てくるわけです。従って、もし住宅ローンを滞納した場合はすぐに金融機関に連絡し状況を説明して理解してもらうように努めましょう。

条件変更によるリスク回避

住宅ローンが万が一、払えないとわかった時はすぐに金融機関に相談することが重要です。滞納してしまうと担保権を行使される可能性がでてきますので、滞納を回避するために金融機関と相談し返済額の減額や据え置きなどの措置を講じてもらうことが可能なのです。これをリスケジューリングといい、借入条件の変更契約を金融機関と結ぶことで可能となるわけです。金融機関も合意していれば、担保権を行使されることはありません。一度、滞納してしまうと信用力に傷がついてしまうので、早い段階で見極めて金融機関に相談することが重要です。また、相談にあたっては、なぜ条件変更をするのか、今後はどうやって返済していくのか金融機関と相談することが重要です。