Finance

財産の分与

売却するか維持するか

離婚する際に夫婦で財産分与しますが、持ち家があればどちらかが所有するか、売却して代金を分けるでしょう。しかし持ち家にまだ住宅ローンが残っていると、話は厄介です。住宅ローンの契約者が夫で、なおかつ離婚後も夫が住み続ける場合には、特に問題はないでしょう。しかし契約者が夫で、離婚後は妻側が住み続ける場合には一筋縄ではいかないかもしれません。また、住宅ローンが残っている状態での売却も、よくよく調べてから行わないと、損をするかもしれません。夫名義の住宅ローンがある場合、妻側が住み続けることに、借入れ先は難色を示すこともあります。離婚した夫が、完済するまできちんと支払いをつづけるかどうか不安視するからです。実際のところ、夫は自分の住む家の住居費と、妻が住む住宅ローンの2重払いは金銭的にきついでしょう。そもそも住宅ローンは契約者が居住することを前提にした契約です。契約違反だと言われても仕方ありません。

住宅ローンが残っている状態なら名義変更は難しい

住宅ローンの契約者を妻に変更すればいいと思われるかもしれませんが、妻に安定したそれなりの所得がない限り難しいでしょう。又、住宅ローンの名義だけでなく所有権の問題も不安材料です。夫が住宅ローンを完済しただけでは、所有権は夫のままです。何十年後かに夫が名義を書き換えてくれる保証はありません。万が一夫が住宅ローンを滞納した場合には、競売にかけられ退去を余儀なくされます。残債があり所有権のない状態では妻は非常に不安定です。売却を考えるなら査定をしてもらい、少なくともローンが完済でき、新居の住居費の足しにできるだけの価格にならない限りお勧めしません。引っ越し費用や、子供の学校のこともありますので売却は慎重に考えましょう。妻側が、持ち家に住み続けたいなら、まずは法律の専門家に相談しましょう。確実に夫からローンを支払ってもらい、完済後に所有権を移転してもらえるよう公正証書の作成などのアドバイスが受けられると思います。